企業におけるブランドとは?

Expression編集部 チーフエディターの片桐です。

今回は企業におけるブランドとは?について考察してみます。

そもそもブランドとは?

広辞苑によれば

商標。銘柄。特に名の通った銘柄

広辞苑より

とあります。 簡単に言えば「誰もが名前を聞いただけで価値がわかる」ということになります。 では、企業においてブランドとは? となりますと「企業ブランド」と「製品ブランド」の2つに分けることができます。

企業ブランドとは?

企業名を聞いただけで価値や信頼感を抱く場合が企業ブランド力が高いといえます。
製品やサービスを選ぶ際にまず提供している企業を気にする場合はないでしょうか?
ここでこの企業のものだからと先に選択肢に入れてもらえるとすれば、
企業ブランドを高めることは会社を成長させるのに必要な作業と言えますね。
では、もう一つの製品ブランドは後回しでよいのでしょうか?

製品ブランドを考える

上記した企業ブランドを高めるというのは、
実際にはすでに多くの信頼を得る商品や、 サービスを提供した実績がある場合に有効な手段なのです。
ですから、起業したての企業であれば優れた製品やサービスを作りだし、
それを消費者に知ってもらうことを優先することで会社は成長するのです。

ブランディングの罠

こうして考えていけば現在の自社の状況から企業ブランドを高めるべきか、
製品ブランドを確立するべきかは自ずと見えてくるのですが、
ここで様々ささやかれる「ブランディング」という罠が潜むわけです。

上記したとおり、製品ブランドはその品質の良さが消費者に伝わることで、
自然発生するものであり、実質プロモーションの成果であるわけです。
しかし、ここで名前の認知度やイメージだけを高める
「ブランディング」という手法を とってしまう場合が多く見受けられます。

当然完成していない製品や実装されていない機能なども、
あたかも実現できるかのようなイメージを先行させてしまうことで、
実際に製品やサービスを手にした消費者は騙された!という感情を持ち、
結果として製品ブランドは低下するという事態を招いてしまうのです。

まとめ

ここまで企業の状況に応じたブランド力向上への取り組みについて
簡単に考察させていただきました。

今回の考察を簡単にまとめておきます。

  • すでに実績のある企業は企業ブランドを高める活動が有効
  • 起業したての企業であれば、まず優れた製品やサービス開発に注力し、プロモーションを優先すべき
  • 製品やサービスの実態を超えたブランディングは製品ブランドの価値を下げる

わかっているようで実はぼんやりした認識ではありませんでしたか?
今一度ご自身の会社の取り組みをぜひ見直しされてはいかがでしょうか。

次回は起業したばかりの企業が参考になる、
製品・サービスのプロモーション手法について考察をしてみたいと考えております。

投稿者プロフィール

Expression編集部
2019年8月よりスタートした、未来のキャリアをデザインするWEBメディア「Expression」の編集部です。
編集に関わることや、ちょっとした小技・小ネタを不定期に綴ってまいります。