チャットとメールの使い分け
Read Time:12 Second

チャットとメールの使い分け

加藤です。

 

皆さん、チャットとメール使い分けていますか?

弊社ではGoogle WorksSpeaceがメインオフィスツールですので、GmailとChatを併用しているのですが、
社内で自然と使い分けが見受けられるので、事例としてお伝えいたします。

 

さて、メールは時代遅れだ!やチャットがあればイノベーションが起こる!というようなイメージ論はさておき、
メールもチャットも現時点でどちらも現役の連絡手段です。

では、当社ではどのように使い分けられているか?といいますと、メールは重要な連絡や急ぎではない確認事項などに使われています。社外とのやり取りも基本メールが多いです。

次にチャットとは?といいますと、チーム内での日々の連絡事項や相談、ちょっとした雑談といった「いま、すぐに話したいこと」を中心に活用されています。

 

では、なぜこういう使い分けに自然となっていったかといいますと、チャットが1文が短く、どんどん流れていってしまうフロー型のコミュニケーションツールであることが要因です。
メールはストック型なので整理したり重要マークをつけたり自分の管理のもと情報が扱えますが、チャットは他者が発言すれば自分の発言はどんどん過去に流れていってしまいますし、そもそも短い文章でのやりとりが基本となりますので、あとでまとめて見たり整理したりするのがとても大変です。その代わりにレスポンスが速くなり物事の進行スピードはアップする傾向があります。

 

ここまで当社におけるメールとチャットの使い分けについてお話してまいりました。
最後の簡単にまとめますと、ちょっとした相談や雑談、アイデアディスカッションにはチャット、記録して残すものや説明を伴う相談はメールでというような形になります。

弊社の活用方法が皆様の参考になれば幸いです。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

加藤美紀
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部所属のシニアアーキテクト。

名前は紛らわしいが「よしのり」です。

サイト内検索

カテゴリー