たかが位置、されど位置
Read Time:12 Second

たかが位置、されど位置

テレワークが普及し、”場所にとらわれない働き方”が提唱される一方、
”場所を中心とした働き方”が存在するのも事実ですね。

例えば農業であれば田んぼや畑、ハウスの位置は
重要なビジネス情報ですし、そこに作物や地質情報が加われば、
BIツールとしても十分に機能するでしょう。

位置は通常、緯度、経度で表されます。
しかしそれでは点の情報でしか無いため、
そこに面で表現可能なラスターデータが加われば、
さらに高度な情報となり、分析によって様々な戦略を立てることが可能になります。

ビジネスに有用な位置情報は既存のシステムと
掛け合わされることで効果を発揮します。

・出荷先と位置情報
・顧客先と位置情報
・売上高と位置情報

などなど、既存の情報としてはわかっているものの、
可視化することによって気づきを与えてくれます。

このような位置情報を手がかりに、他のデータと総合的に加工し、
視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術を
GIS(Geographic Information System)と呼びます。

一見大掛かりそうにみえるこのGISですが、
実は意外と簡単に実装できたりします。

SharePointのアドインとしてもリリースされているので、
もし位置情報をもっと有効に使いたいと考えていたら、
サクッと試してみるのもぜんぜんアリですね。

頭ではわかっている位置情報。
実は多くのビジネスチャンスが埋まっているかもしれません。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

事業部長ライダー
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部の事業部長。
生涯現役ライダーとして世界を飛び回る。

サイト内検索

カテゴリー