Internet Explorer ドライバー (IEDriver) とは?
Read Time:22 Second

Internet Explorer ドライバー (IEDriver) とは?

加藤です。

 

本日はさすがにごく一部の大き目の組織向けのお話ですが、2022年6月15日をもって単体アプリケーションとしての歴史に幕を閉じる Internet Explorer(IE)に関するお話です。

上記のとおり、本年6月にはIEがついにグランドフィナーレを迎えるわけですが、
それでも一部大き目の組織では社内システムがモダンブラウザー対応できていない!
なんてお話を弊社のお客様からも伺います。

その救済策として現行のMicrosoft EDGEには「Internet Explorer (IE) mode」が搭載されております。
これについては一部で誤解のある情報が発信されておりますが、
Microsoftが公式に「レガシーサイトにはInternet Explorer 11(IE11)のTridentMSHTMLエンジンを使用します。」と明言しているとおり、EDGE内でIEそのものが稼働しているものであり、
互換性について心配をする必要は基本ないと考えてよいです。

とはいえ、EDGEインターフェイスを経由するという点は変更点ですので、
IDモードで問題なく稼働するかどうか?を確認するのが表題の
「Internet Explorer ドライバー (IEDriver) 」となります。

Use Internet Explorer Driver to automate IE mode in Microsoft Edge
https://docs.microsoft.com/en-us/microsoft-edge/webdriver-chromium/ie-mode?tabs=c-sharp

Microsoft Docsより引用

詳細は引用先を確認いただくとして、レガシーテクノロジーで構築されているWebサービスが、
IEモードで動作するかを自動テストできるようにしたもの。

今回のIE収束については、Microsoftも丁寧に長年にわたって対応を行ってきたこともあり、
この長年の間にモダンブラウザー対応を行ってこなかった企業については、
正直いろいろと見直すべきことが多いように私は考えます。

とはいえ、この最終フェーズで自動テストができるというの大変ありがたいツールですので、
必要な方は詳細確認いただき、活用されることをお勧めします。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

加藤美紀
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部所属のシニアアーキテクト。

名前は紛らわしいが「よしのり」です。

サイト内検索

カテゴリー