新着記事

秘書の冬ファッション

 寒い日が続きますね。冬のファッションはダークな色を選びがちで、淋し気な雰囲気になりやすくなってしまいます。
今回は私が気をつけている秘書の冬ファッション選びについて、書いていきたいと思います。

冬ファッションのポイント

 通年を通して秘書ファッションのポイントとして気をつけていることは、素材の質感と全体のバランスです。上品に柔らかく見えるようなものを選びます。

 冬服の素材は他シーズンよりたくさん種類があり、上質かそうでないかの質感が一目でわかってしまいますので、選び方に注意が大切です。

 例えば、ニットはシルクウール、ウール、カシミア、アンゴラ等多数あり、また編み方の種類で見え方も変わります。

 ニットはほっこりカジュアル感が出やすいので、選び方に注意します。編目が細かいものを選ぶと上質に見えます。糸にシルクが入っていると光沢も出るので、さらに上品さが増します。ウール100%のものも、洋服ブラシで何度かブラッシングすると糸に艶が出てきます。ぜひお手入れしてみてください。

 気を付けなければならないのが、毛足の長いニットです。可愛らしいですが、ふわふわ毛が飛びやすいので、知らない間に上司のスーツや他の人の服に付いて迷惑です。秘書としては控えた方が良いと思います。

 色のまとまりも大切です。

 全体で使う色は3色までにすると、コーディネートがまとまりやすいです。赤など目立つ色も、バッグやマフラーなど使う面積を狭くすると上品にまとまります。

 冬は特にダークな色を選ぶ傾向があるので、トップスにベージュなどの明るい色を持ってくると良いです。肌が明るく見えます。最近はオンライン会議も多いので、デザイン性のあるトップスも顔写りが華やかになって良いと思います。

冬メイク

 メイクも他シーズンよりも濃いめにお化粧することがポイントです。

 冬は重ね着をすることが多くなります。厚手の生地のものを着たり、コートなどの上着も着ます。そうすると、全体的に夏よりもファッションがボリュームある華やかなスタイルに仕上がります。

 その華やかな服に顔色が負けないよう、また健康的に見えるように、メイクも少しはっきりめにすると服とのバランスが取れるのです。

 和服を着るとき、洋服よりも濃い目の口紅やチークをしますよね。成人式で振袖を着る時も普段よりも濃いお化粧をしています。これは、着物は何枚も重ね着をしてボリュームが出ますし、柄もとても華やかなので、お顔立ちが埋もれてしまわないようお化粧も仕上げるのです。

 ただ濃くするだけでは清潔感がなくなってしまいますので、「質感」を変化させると簡単にできると思います。言い換えると、「厚みをもたせる」という感じです。

 例えば薄い色のアイシャドウでも今までは1回しか塗っていなかったのを、2回重ねて塗ってみるなど、少し色を足して厚みを持たせたりするだけでも良いと思います。ベースメイクも少し厚めに仕上げるのがおすすめです。

 秘書として清潔感がある上品な印象に見られるファッションは、見た目のトータルバランスが大切だと思います。参考にしてみて下さいね。

投稿者プロフィール

横居安咲
横居安咲