酷暑日と超熱帯夜
Read Time:16 Second

酷暑日と超熱帯夜

加藤です。

日本気象協会 TENKI.jpより

日本気象協会が選ぶ 暑さに関する新しい言葉 ~tenki.jpラボVol.22~

https://tenki.jp/amp/suppl/tenkijp_labo/2022/08/02/31275.html

tenki.jpラボより引用

あまりの暑さで皆様、体調崩れておりませんでしょうか?
もう体温を超えるような暑さが時折見られるようになりましたが、
今回ご紹介するのは、気象庁ではなく日本気象協会が独自に40℃以上の最高気温の日や、
最低気温が30℃以上の夜の新しい呼称を使うことを発表しました。

40℃以上を「酷暑日」、30℃以上の最低気温の夜を「超熱帯夜」とするとのことで、
tenki.jpなどで使用されるとのこと。

正直、気象庁が決めてしまってもいいのでは?というぐらい、
この条件を上回る日が増えておりますし、
言葉が乱立すると一体どんな状況なのか?という共通認識が薄くなる傾向はありますので、
どうにか気象関係者の皆様には統一の動きを取っていただきたいところです。

とはいえ、感覚的に「これはヤバい」と感じられる呼称が生まれたことで、
少しでも無理をしない人が増えることを祈るばかりです。

本日は気象の新しい言葉についてお話いたしました。
新しい言葉は常に生まれていくものですから、
ちょっと知らない言葉があるときは調べてみるというのが習慣になるといいかもですね。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

加藤美紀
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部所属のシニアアーキテクト。

名前は紛らわしいが「よしのり」です。

サイト内検索

カテゴリー