スロージューサーが面白いお話
Read Time:16 Second

スロージューサーが面白いお話

加藤です。

時々お話するキッチンシリーズ。

本日はスロージューサーです。

先日、通販サイトでセール価格だったので前から気になっていたこともあり購入。
かなり小さいタイプです。

で、いきなり結論ですが、これは買う前の想像よりもあるととてもいいものです。

購入時に調べてわかったのですが、絞るタイプのものでも、
パワータイプとスロータイプがあるのです。

パワータイプはカッターで食材を切り刻んで力で絞っていくもので、
逆にスロータイプはゆっくりと押しつぶすように絞っていくというもの。

当然前者は絞るのが早いですが、熱がかかることで食材によっては栄養が壊れてしまう
という欠点があるのですが、後者は絞るのに時間はかかるが栄養が壊れにくい
という真逆のものなのです。

今回はスロータイプ購入したのですが、価格でいえばパワータイプのほうが安いものが多いです。
だいたいパワータイプの倍以上がスロータイプと見ておくといいでしょう。
とはいえ、スロータイプでも小型であれば1万以下で買えますので
ライフスタイルに合わせて選ぶとよいかと。

ここからは完全に私見となりますが、
個人としてスロータイプを購入してよかったなと感じることをあげておきます。

まず、冷蔵庫にある果物で絞れるものがなんでもジュースにできてしまうという点。

果物は買っておいても食べるタイミングを逃して悪くしてしまう、
ということが我が家では結構あったのですが、
スロージューサーがきてからはジュースにしてしまえばいいので無駄が減りました。
なんといっても、食べるより飲むほうが簡単ですからね。
食材の無駄がなくなったというのがまず1点。

2点目は在宅ワークが中心となると栄養バランスを考えた食事というよりも、
簡単に済ませるということが多くなっていたところに、
果物だけでなく、野菜も絞ってジュースにしてしまえるこのスロージューサーがきたことで、
いままでよりも少し栄養がしっかりとれている(ような気になれる)というところ。
実は手間なんですが、ジュース作るのが気分転換になったりしているので、一石二鳥ですね。

最後にスロージューサーは搾りかすがジュースと別ででてくるのですが、
絞り終わった食材が想像以上に少ないということです。
ただ捨ててしまうよりもゴミが減りますし、栄養は飲んでしまうのでこれも良ポイントです。

本日は久しぶりのキッチンシリーズでしたが、在宅ワークにおいては、
気分転換も大切なポイントですので、こういうツールがあることで、
栄養補給と気分転換が両立できるというだけでも買ってみよう!と感じませんか?

何かの参考になれば幸いです。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

加藤美紀
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部所属のシニアアーキテクト。

名前は紛らわしいが「よしのり」です。

サイト内検索

カテゴリー