WEB会議で消耗しないためには
Read Time:13 Second

WEB会議で消耗しないためには

皆さんWEB会議してますか?

私の場合だと週に8時間ぐらい、WEB会議をします。
WEB会議って対面の会議と比べると消耗が激しい気がしませんか?

一説にはWEB会議の場合、集中力を保てるのは30分までと言われています。
一方、対面の場合、45分〜60分は集中力が持つそうです。

この数字は私の体感と一致しています(笑)(ごめんなさい)

生産性のある会議にするために、WEB の場合はMAX30分で
会議を終えるのが、一つのやり方ということですね。

また、WEB会議では映像の問題があります。
自分から自分の顔が常に見えているのは、
顔を認識する脳の機能に負担がかかり、
さらに集中力を阻害するというデータが出ています。

自分の顔を自分の画面に映し出さないようにすることも、
会議の質を上げるために必要ですね。

また、相手の顔も表示するかどうかは、考えましょう。
”WEB会議では必ず顔を出さなければいけない”
というわけでは無いです。
相手の顔を表示することによってプラスの情報となればいいですが、
そうとも限りません。
それはコミュニケーションを複雑化するだけの情報かもしれません。
音声だけの方が情報がシンプルな分、
コミュニケーションスピードが早く、生産性の高い会議になることもあります。

働き方関連のアンケートでは必ず無駄なもの上位にくる”会議”
リモートというツールを手に入れたことによって、
それは解決されるかのように見えましたが、
結果としてさらに会議の問題を大きくする事になりました。

私達はいま、
真剣に会議について考える時期なのではないでしょうか。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

事業部長ライダー
P&A Works Company株式会社 ワークモデルクリエーション事業部の事業部長。
生涯現役ライダーとして世界を飛び回る。

サイト内検索

カテゴリー