秘書の第一印象
Read Time:17 Second

秘書の第一印象

 女性のお化粧も第一印象を良くする大切な身だしなみの一つです。
ファンデーションで肌を美しく見せ、アイラインやマスカラで目を際立たせ、口紅やチークで色気を出させ、ヘアスタイルで魅せる。
この見た目の良い印象は、仕事の信頼へも繫げることができます。

 今回は秘書の第一印象について書いていきたいと思います。

見た目の大切さ

 第一印象は見た目が55%と言われています。これは話の内容といった言語情報や声による聴覚情報よりも、見た目から受ける視覚情報が半分以上の印象を決めるということです。

 秘書は多くの方と接する仕事ですから、相手への印象を良くすることはとても大切です。
上司がお付き合いする方々とのやり取りも多く、お使いなど代理で先方とお会いすることもあります。
いわば会社と上司の顔となるので、マナーは勿論のこと見た目にも失礼のないように気を配らなければなりません。

 また相手への印象を良くすることは、秘書自身その後の人間関係を築くうえでも大きな糧になります。
秘書は常に問題解決力が求められますが、その際 周囲に協力を依頼しなければならないことが多々あります。
信頼関係は日々のやり取りでも構築されますが、見た目の印象が良いと最初からプラスに働きます。

 見た目の印象は、身だしなみと共にその人の持っている雰囲気からも感じ取られます。
ただ雰囲気は一夜漬けではむずかしく、環境などの習慣で身につくものです。
人の意見を聞いたり、いいなと思った誰かを真似したりして新しい習慣に馴染み、それを繰り返すことで自然と身につけていくと良いと思います。

 身だしなみを整えたり、習慣で所作を美しくしようと心がける事は大切な基本です。

秘書メイクで印象を良くする

 簡単に言うと、秘書として第一印象を良くするためのメイクなので、やはり万人受けするコンサバメイクが好ましいです。

 万人受けするメイクとしては、女子アナウンサー風メイクを参考にされるとわかりやすいと思います。
彼女たちも秘書と同じく老若男女の好感度を高く得ることが大切で共通しています。
具体的なメイク術としては、様々な媒体に掲載されているので参考にされると良いです。

 ただ秘書メイクには、その可愛らしい女子アナメイクを少し辛口にすることがポイントです。
例えば、アイメイクはクリクリにしすぎず 少し切れ長にするなどです。
 可愛らしすぎると子供っぽい印象に映りますので、ビジネスへの信頼度には物足りない気がするのです。 

まとめ

 秘書には見た目の気品と地に足をつけた安定感が欠かせません。
健康的で清潔感のあるメイクを心掛けて印象を向上させ、信頼を築いていきましょう。

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

横居安咲
横居安咲
日系大手住宅メーカーへ入社後、秘書室へ配属。
役員秘書、役員受付を担当。
秘書の知識とノウハウを身につける。
その後、外資大手メーカーにて部長アシスタント、日系大手電機メーカーにて部長秘書、役員秘書の業務に携わる。
夫の転勤に伴い、アメリカ、イギリス、メキシコへ在住経験あり。

サイト内検索

カテゴリー