『女の子の多い職場』

Read Time:32 Second

このお話は続き物ですので、
前回のまでの記事を先に読んでいただくと流れがわかりますので是非どうぞ。
吉井(ロビン)千博の記事

自分でやるしかない!とクビになった子達を引き連れ立ち上げたwillplant。
初期メンバー天才二人についてご紹介したのが前回の話でした。

◆女子比率が高い職場

willplantは女子比率が高いです。

私が選んでいるわけではないのですが、職場はとても心地良いものです(笑)
なぜなのでしょう?
女の子がとても集まってくるのです。

私自信、女の子の仕事の仕方が好きなのかもしれません。
ひとつひとつ繊細なんですよね。
あとは責任感が強いと感じます。

よく、家族持ちの男がいい。と言われますが、
今の時代は全然関係ないですね。
女子でも高いスキルとポジションを求めています。
求めている子は、男も女も関係ない。
結局はその子達のスキルなのですが、
みんな真面目でもあるので怠け者社長はもっと怠け者になってしまうのです(笑)

選考基準としては老若男女、自分の将来を見据えて自分自身も、
仲間に対する理解をできる人財を採用します。
業種的傾向もあるのでしょうが、これまでの15年間リクルートに困ったことはありません。
結果がダイレクトに見えて、作品としても残るという魅力があるのかもしれません。

前置きが長くなりましたが、女の子達には吉井が全員に伝えていることがあります。
そう、これを今回言いたかったのです(笑)

◆女の子達全員に吉井が伝えていること

willplantで仕事をする事で、

「最高の女性になってください。」

と。

 務めるということは、1日・8時間お仕事をして、生活における1/3を事務所で過ごすわけです。
(弊社の勤務時間は結婚式場のプランナーさんの勤務時間にあわせて11時〜19時なのです)

その時間で、自分の心を磨き、技術を身につけ、他者を理解し思いやる。

これを身につければ仕事は当然のこと、これから結婚をして、
パートナーの仕事の苦しみや楽しみを理解し共有出来れば、
家族は円滑、円満になり、子供が生まれればその子を素敵に成長させる事ができる。

そんな最高の女性になれるよう、このwillplantを使ってください。

と働きかけをしています。

そして、吉井は社長と呼ばせていません。
吉井も、従業員は娘たちであり、人生を一緒に背負っているので下の名前で呼びます。
(なのですぐに社員の苗字が出てきません(笑))

ちなみに、銀行員さんが社員との話を聞いて、

「吉井さんうちの会社にいたらセクハラで一発アウトです〜」

って言ってました(笑)

◆全社員に伝えていること

さらに今回は私がすべての社員に伝えていることも1つ。

あなたの今の判断基準、価値観は、今までの過去経験からできあがっています。
自分が変わる。と言うことは、過去経験に新たな経験と言うデータを脳内に入れるという事なのです。

失敗というものは、諦めた瞬間の事である。

という認識をしてください。
自分が今、怖いと思うことを乗り越えて体験して、

「やってみたら案外自分は出来るんだ!」

と、今まで蓄積してあるデータを上書きして行ってください!と、伝えています。

◆社長の心得

ここまで社員に伝えていることを書いてきましたが、その上で大切なこと。

それは社長以下、

すべての仲間はあなたの失敗を
責めることはありません。

チームを助けることしか考えていません。

やってしまったときは、年長者である吉井がお客様に全力で謝ればいいだけなのです。

本当に素直ないい子ばかりの職場は、吉井の宝物です。
※ちなみに男の子もかわいいやつばかりです(笑)

投稿者プロフィール

吉井 (ロビン) 千博
札幌で映像、web制作を行う有限会社willplantの代表。

メーカー営業→葬儀社に転職。9年勤めて退職。
家族でクルマに乗りながらチンタラとお仕事。
35歳でもう一度心に火がつき、北海道でブライダル映像業界へ。
トップの商品を作ったが、コロナで爆死したので次の文化作りの旅へ。
↑イマココ

WILLPLANT 公式
https://willplant.tv/
Previous post バーテンダー適正の有無 2
Next post 新しい言葉