株式会社ストラテジット Google スプレッドシートからHubSpotへ顧客情報を自動API連携する「Google スプレッドシート to HubSpot」をSaaStainerに掲載開始

Read Time:42 Second

株式会社ストラテジット(本社:東京都千代田区、代表:立原 圭、以下「当社」)は、当社サービス「Google スプレッドシート to HubSpot」をSaaStainerに掲載致しました。
本アプリはクラウド表計算シート「Google スプレッドシート(以下、スプレッドシート)」とCRMプラットフォーム「HubSpot」を当社のMaster HubによりAPI連携を行います。
本アプリはSaaS普及促進の為、公開APIを利用し当社独自で運営しております。

■サービス提供背景
スプレッドシート及びHubSpotを利用中のお客様において、下記のような課題があります。

・リード情報や新規顧客へのアプローチ管理をスプレッドシートで行っており案件化した段階でHubSpotへ登録しているが転記作業が発生
・HubSpotにある取引データをもとにバックオフィス(売上集計、見込み把握等)の分析をスプレッドシートでしているが転記作業が発生
・転記作業時に入力ミスや記入漏れが発生

このような課題に対して「Google スプレッドシート to HubSpot」では、下記の解決をいたします。

・スプレッドシートで管理していた顧客情報の二重入力を削減
・HubSpotのデータをExcel等の表計算ソフトへ出力し管理や集計していた作業を削減

■「Google スプレッドシート to HubSpot」の機能概要
・スプレッドシートで管理している顧客情報を任意のタイミングでHubSpotへAPI連携します。

・HubSpotに登録・管理している取引が指定した任意のステージになった段階で、取引(案件)情報をスプレッドシートの指定セルへAPI連携します。
■ご利用方法
下記の問い合わせフォームよりご連絡ください。
SaaStainer「Google スプレッドシート to HubSpot」ページ:
https://test.saastainer.com/apps/googlesheets-hubspot
問い合わせフォーム先:
https://saastainer.com/inquiry

■当社サービス概要
・Master Hub(マスターハブ)
Master Hubは連携に必要なノウハウを集約した開発プラットフォームです。
Master Hubによる開発は一般的な受託開発に比べ、高品質なシステム連携を半分以下のコストで実現し、安定的に運用することが可能です。

・SaaStainer(サーステイナー)
SaaStainerは、SaaSの継続的活用を支援するサービスのアプリストアです。
アプリストアに掲載されている連携アプリは、API連携のノウハウがなくても、今すぐ簡単に連携を実現できます。
様々な作業を自動化して、SaaS本来のチカラを引き出し、業務改善にお役立てください。
SaaStainer公式ページ:https://saastainer.com/apps
SaaStainer公式Twitter:https://twitter.com/SaaStainer

■株式会社ストラテジット
SaaSの普及/推進の課題となる穴を埋める存在として、SaaS連携サービスMaster Hub(https://www.strategit.jp/vendor-saas/)とSaaS連携アプリストアSaaStainer(https://saastainer.com/)を提供しています。SaaSのAPI連携により業務課題解決とユーザーへの価値提供のご支援が可能です。ストラテジットには、ソリューションを理解し、ユーザーの業務改善・サービス向上を目指し、企画・設計・開発・運用まで担うことが出来るノウハウと実績がございます。

■会社概要
所在地 :東京都千代田区岩本町3-5-2 合人社東京秋葉原ビル 102号室
代表  :代表取締役 立原 圭
設立  :2019年7月2日
事業内容:SaaS連携開発、SaaS導入コンサルティング
URL  :https://strategit.jp/

Previous post アリババクラウド、日本のスタートアップ企業を支援する新たなプログラムを発表
Next post LinkedInラーニング 2020年7月から1年間の視聴時間トップ10のコースを公表