在宅勤務を経験して

※ この記事は2020年4月に書いています。

P&A Works Company 株式会社 コンサルティング&サポートサービス事業部 河端です。

政府および各都道府県から 在宅勤務推奨 が出され、大小問わず多くの企業にて対応を迫られています。
企業側の不安も多々ありますが、従業員も不安はあるでしょう。

従業員側の不安については、以前書かせていただきましたので、こちらを読んでいただければ。。
 ・テレワーク(在宅勤務・ノマド)は難しい?

上の記事でも書きましたが、在宅勤務に一抹の不安を抱えていた知人たちも在宅勤務へとシフトしましたが、
「やればできるもんだね。在宅勤務」との声もチラホラ。

郷に入れば郷に従え ではないですが、何となく順応できるものです。
そんな中、率直な「在宅勤務の感想」を「プラス要因」「マイナス要因」に分けていくつかご紹介します。

① プラス要因

プラス要因として挙げられたのは

  1. 自分のペースで仕事ができる
  2. 通勤ストレスからの解放
  3. ながら作業(家事など)ができる
  4. 作業を中断されることが少ない

などです。
やはり「時間のコントロール」を強く感じたみたいです。


作業に集中しているときに、割り込みで話しかけられるとストレスを感じることがありますから、
それらから解放されるだけで、プラスとになりますからね。
(通勤時の満員電車からの解放は「言わずもがな」ですね。)

しかしながら、これらはプラス要因でありながらマイナス要因を生み出す原因ともなります。
では、「マイナス要因」を見てみましょう。

② マイナス要因

マイナス要因として挙げられたのは

  1. 作業の止め時がわからない
  2. 「話したいとき」にすぐ会話できない
  3. 誘惑(昼寝や娯楽 など)が多い
  4. 運動不足

などです。
まさに「プラス要因」をひっくり返した形ですね。
ここについて、少しコメントを。

1. 作業の止め時

オフィス勤務の時は
 ・チャイム(始業終業、お昼)
 ・人の流れ(お昼休みや帰宅タイミング)
で作業に区切りをつけていた人も多いのではないでしょうか。

在宅勤務になったため周りの情報が限定され、気付いたら
 ・残業してた
 ・昼の休憩時間を取ってなかった
など。
スケジュール通知やアラーム設定などで強制的なリズムを作るしかないかもしれません。

2.「今話したい」けど会話ができない

これも在宅勤務特有ですね。

オフィス勤務時は、在席確認ができたり、
その人の作業状況を見て話すタイミングを取れていましたが、
在宅勤務では顔も見れなければ、PCの前に居るのかさえ分からないので、
「今すぐ確認したい!」モノが溜まってしまいます。
「常にPCの前で待機!」なんてルールは作れませんので、
「緊急時は電話」などの最低限のルールは作成した方がいいでしょう。
また、チャットなどを利用する場合はメンションを有効活用するのも一つの手だと思います。
(乱用すると効果が薄れるのでホドホドに・・・)

3.誘惑が多い

自宅で作業するので、周りには自分の趣味嗜好(寝具という最大の誘惑も)が多くあります。

これも「作業の止め時」と同じようにメリハリを付ければ、
多少誘惑に負けてもいいと思っています。
(本当に【多少】ですよ。)

会話もなく黙々と作業すると気が滅入ってしまいますからね。
リフレッシュは大事です。
作業の合間に30分くらいリフレッシュタイムを設けるのも一つの「自己管理」だと思います。

4.運動不足

通勤や会議室への移動・昼食時など 歩く という行為が極端に減ります。

リフレッシュの一つとして、作業の合間に散歩に出かけてはいかがでしょうか。
(不要不急の外出自粛中ですけど。)
他にも、体操をするとか。
(ラジオ体操、いざやろうとすると結構忘れてますよ。)

「今こそ筋トレを!」と思っている方、先ずは体操から始めましょう。
いきなり負荷をかけると身体を壊します。
(あと、疲れて眠くなります。。)
ストレスを感じない作業環境作りも在宅勤務の課題ですね。
(オフィス環境と同じ課題ですね。)

③ 特殊なもの

いわゆる 超個人的感想 ですね。

  1. 外部ディスプレイを買うべきか
  2. 飲み物の消費が激しい

1.外部ディスプレイを買うべきか

外部ディスプレイも言わば「作業環境作り」ですね。

今後は、通常時でも在宅勤務がメインになるかもしれませんので、先行投資として考えるのもアリかもしれません。
とは言え、使わなければ「置物・オブジェ」となってしまうので、そのあたりは自己責任で。。
(因みに、私は持ってません。作業スペースの関係上。。。)

でも、ノートPCでずっと作業してると肩凝りますよね。。
(30分に1回くらいの肩回し運動必須。。)

2.飲み物の消費が激しい

飲み物の消費。これも、在宅勤務で顕著に出てくる事象ですね。

一人の時間が多い ⇒ 雑談(会話)が極端に減る ⇒ 時間つぶしのため飲む
という流れですね。
普段通りにペットボトル飲料を買っていると、あっという間に冷蔵庫が空っぽになります。

※私は、粉末コーヒー+紅茶(ティーバッグ)に変更しました。
※ちなみに、ティーバッグ(Tea Bag)が正しいようです。ティーパックやティーバックは間違った使い方のようです。

④ まとめ

不慣れな在宅勤務で 生活リズムが崩れ、ストレスを感じてしまうことも多いかと思います。

でも、それをすぐに発散できる のも 在宅勤務の強み ではないでしょうか。
(勝手にそう思ってますが。。)

仕事用の共有スペース(チャットルームや掲示板 など)に「雑談ルーム」を作成するなど、
「息抜き場」を作るのも作業環境作りかと。
もちろん作っただけで完了ではなく、ルール作成も。

また、「書き込み = 暇している」という考えを捨てる必要があります。
(常に書き込んでいる人がいたら問題ですけどね。。)
むしろ「書き込んだ = 頭使って作業したための息抜きだな」という考え方にシフトしてみましょう。

オフィス勤務中でも「雑談」って自然としていたかと思います。
(「昨日のあの番組がどうのこうの」と。)
それと全く同じ感覚と思っては如何でしょうか。
今後も、「在宅勤務を経験して」という題名で、在宅勤務時の「あるある」を発信していこうかと思います。
(「雑談」なので、私自身の業務と相談ですが。。。あと当然「書くネタがあれば」です。)

本ブログで使用しているイラストはなのなのなさんによるイラストACからのイラストを使用しています。

[この投稿は投稿者のWebサイト https://pa-wsc.work/ から一部加筆・レイアウト変更し転載しています]

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

株式会社P&A Works Company
株式会社P&A Works Company
「より良い方法はあるはずだ」
ICT 技術を活用した製品/サービスを提供し、企業の生産性向上を支援します。

わたしたちは「業務効率を向上する」または「より多くの人がビジネスパーソンとして活躍できるようにする」ことこそが

社会課題(少子高齢化)の処方箋であると考え、そのためのソリューション/コンテンツを開発します。

わたしたちは、技術の新旧に拘らず、課題に対し常にゼロベースで思考し、

それを解決する最適な製品/サービス/ソリューションを提供します。